☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

能代ミニキャンプ

お疲れ様です。事務局 佐藤(弘)です。
十文字女子ミニバスにとってこの時期恒例イベントとなる能代市のアリナススポーツセンターでのキャンプに今年も共催チームとして参加してきました。
県北地区のチームと対戦できる数少ない機会ですし、夏の間の練習で覚えた技術や戦術を試す力試しにはうってつけの機会です。指導者達にとっては毎年参加のチームが多いので県内のミニバスに関する情報の収集や意見交換の場にもなっております。


今年は4年生以上の10人は宿泊組、3年生以下は日帰り組と分かれてキャンプに参加となりました。


この日は朝5時30分に十文字を出発。
私はと言いますとこの日の夕方まで仕事があり、アリナスに宿泊しているチームが合同で毎年行われている夜のお楽しみ会に間に合わせる形で出発となりました。
そのため、初日の十文字の試合は現地で見ておらず、ブログに試合の様子を掲載できず残念。

なんとかギリギリでお楽しみ会に間に合いましてチームのみんなと合流。共催チームが1年ごとに交代でお楽しみ会を企画し子供達を楽しませています。
今年は十文字女子の親の会が担当でゲームや出し物を考えてくれました。


エンドラインからエンドラインまでボールを転がして一番エンドラインに近い人が勝ちの球ころがし大会では学年差は関係がなくみんなで楽しめたようでした。


お楽しみ会にはブルゾンちえみwithB(?)やサンシャイン池崎(?)も登場し場を盛り上げてくれました。
児玉会長を始め父兄のみなさんの頑張りに拍手。
サンシャイン池崎が持つ大剣も180×80の実物大スケールで再現。部活や親子会のお楽しみ会、送別会、忘年会等でサンシャイン池崎にチャレンジしたい方がおりましたら大剣の貸し出しや譲渡いたしますのでご連絡ください。

翌朝は朝食前にみんなで近くの海岸まで散歩。
県内陸部に住む我々にとっては海はなかなか行くことのない場所ですからこの散歩も子供達の楽しみの1つです。



このあと海に足を踏み入れ砂まみれになったメンバーはお母さん達にしったげ怒られることに(汗)




海に来たということで全員で記念撮影をしてからアリナスへ戻りました、



鷹巣(白)―十文字(青)



鷹巣(白)―十文字(青)



鷹巣(白)―十文字(青)



県南のチームには馴染みの薄いアリナススポーツセンターはこんな感じの4面使用可能な体育館でトレーニング設備やプールもあり、宿泊も可能で天然温泉のお風呂もある施設です。


十文字(白)―船越(青)



十文字(白)―船越(青)



十文字(白)―船越(青)

全日程が終了し、大きなトラブルや混乱もなく無事にアリナスキャンプは終了となりました。


参加チームで最後の挨拶

参加チームの選考、企画、運営の主なところを担当してくれた明徳チームのみなさん、一緒に同宿し運営協力してくれた大内チーム、仁井田チームのみなさんお疲れ様でした。参加チームのみなさんありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。

能代アリナスキャンプが終わるといよいよ秋の大一番が近づいてきたなと思うところです。
それ以外にも1月に開催予定の《THE FIVE》小学生5on5秋田大会2018の準備を始動させる時期になってきました。
参加条件等を掲載する大会ホームページは9月中旬頃にリニューアル予定です。
9/5現在で指定カップ戦や公式大会で優勝して優先出場枠を獲得済みのチームは以下の通りです。
吉田招待大会 雄物川(横手市)
さくらんぼカップ UMM(横手市)
東北電力秋田県予選 川尻(秋田市)
白鳥カップ 10/7・8
福原カップ 10/7〜9
日野カップ 10/21・22
※白鳥カップ、日野カップは招待大会のため招待チームは決定済み。福原カップは参加枠にまだ空きがあるかもしれませんので田沢湖スポーツセンターにお問い合わせください。