☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

第16回 さくらんぼカップ

お疲れ様です。事務局 佐藤(弘)です。
昨日の事ですが、入団希望の3年生の子が親子で練習を見学しに来てくれました。
スポーツ少年団の入団申し込みは春先に募集案内が生徒に渡されて募集期間までに加入申込をしてくださいって流れにはなっていますが、1年を通して加入はできますのでどんどん仲間入りしてほしいものです。
練習見学をしたい方は大歓迎ですので、一小体育館に直接親子で来ていただいてもいいですし、事務局の私のほうにメールで練習日や練習時間等のお問い合わせをしてから見学に来る形でもいいのでお待ちしています。
十文字女子ミニバス事務局 佐藤弘康 メールアドレス
jgbbss@gmail.com までお問い合わせください。

さて6月10日(土)・11日(日)の2日間、増田体育館(女子会場)、十文字西地区館・十文字西スポーツ交流センター(男子会場)で横手市バスケットボール協会十文字支部主催の第16回 さくらんぼカップが女子12チーム、男子12チームが参加して行われました。

初日に行われた予選リーグで十文字女子は横手ブルズチームさん、五城目女子さんと対戦。
1勝1敗のグループ2位となり残念ながら決勝トーナメントには進めずでした。


十文字(白)―横手ブルズ(青)


十文字(白)―横手ブルズ(青)

横手ブルズチームさん、五城目女子ミニバスチームさん対戦していただきありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

この日の午前中、バケツをひっくり返したような豪雨に見舞われ増田体育館では記憶にないコート内に雨漏りが発生。試合中も断続的にしたたり落ちてきて大会スタッフも安全確保のため試合中ながら注意深くコートに入り床拭きを繰り返し何とか試合を続行する事ができましたが立派な体育館とは言え稀にこんな事があるんですね。

大会初日の日程が終了後、別会場の男子参加チームも合流して市バスケ協会十文字支部主催の歓迎懇親会が平鹿生涯学習センター多目的ホールを会場に多くの方々に参加いただき行われました。

チーム紹介では十文字と交流深い大内の親の会会長さんが大活躍で場を大いに盛り上げてくださいました。


今シーズンから統合チームとして新たに誕生した同じ町内チームのUMMチームさん。指導スタッフ、父兄さんがステージに大集合で懇親会に華を添えてくれました。

大会2日目(最終日)は前日予選リーグで2位となった4チームによる交流トーナメント戦が行われ、大曲ファイヤーウィンズさん、大森MBBCチームさんと対戦しました。

十文字(白)―大曲FW(青)


十文字(白)―大曲FW(青)

大曲ファイヤーウィンズチームさん、大森MBBCチームさん対戦していただきありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。


2日間の大会も終わり、女子の部優勝はUMMチームさん。地元勢の優勝は8年ぶり。全県優勝をした植田チームさん以来の優勝でした。

さくらんぼカップで優勝したUMMチームさんは来年1月に開催予定の《THE FIVE》小学生5on5秋田大会の優先出場権をゲット。今のところ出場権があるチームは
吉田招待優勝の 雄物川ミニバス
さくらんぼカップ優勝の UMM

優先出場権が与えられる大会はあと3つ。
田沢湖スポセン主催 福原カップ
十文字白鳥カップ
日野カップ
はどこが優勝するか楽しみです。

《THE FIVE》小学生5on5秋田大会はその年の最強ベスメンを決める大会なんで個人的には東北電力秋田県大会優勝、準優勝チームにも優先出場権をあげてもいいかなと思っております。
東北電力旗で優勝、準優勝したチームさんが出場したいと思いましたら十文字女子ミニバス事務局 佐藤までご連絡ください。一応締め切りは10月末ってことで。

男子の部も十文字西チームさんの優勝で地元勢が男女アベック優勝となりました。
参加していただいたチームのみなさん、大会運営に協力してくれた町内チームの親の会のみなさんありがとうございました。