☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

夏季大会始まりました

おつかれさまです。事務局 佐藤(弘)です。
今日は横手地区夏季大会3日目。大会期間中、一番白熱した試合が見れるのは全県大会への出場権がかかったりする勝ち上がりの試合がある3日目じゃないかなと常々思うところです。
それにしてもここ一ヶ月、毎週土日はバスケがらみで増田体育館にいることに気づきました。この前、増田体育館に大会となると出店してくれているそば屋で働いている方に「たぶん、あなたが一番ここの蕎麦を食べてくれているかも」と言われてしまいました(笑) 特にそば好きでもないし、人一倍そばっ食いというわけでもないのですが、やせの大食いとでも言いましょうか、ついつい1日2杯ほど食べてしまって売り上げに貢献しているようです。
大盛りを2杯食べると千円ですが、ここのそば屋さんは体育館から車で15分ほど行くと本店があり、土曜日は980円でそばが食べ放題でして、そっちに行ったほうが安上がりだよなーと思いつつも、多分今日もそば屋の行列に並ぶと思います。
何週間か前から屋台の隅に三平そばの乾麺を1袋240グラム入り400円で売っており、ついつい買ってしまいました。いつも食べている三平そばとは違い、そば粉4割で作ってあるので見た目も食感も違うのですが、更科っぽい感じの出来上がりで自宅でざるそばとして食べるなら十分すぎる美味しさでした。ものは試しで購入してはいかがでしょうか?

先週の土曜日に夏季大会は始まり、十文字ミニバスの初戦はご存知の通り、またまた吉田ミニバスさんと対戦。
毎週のように増田体育館のAコートで試合をしているような・・・
たぶんこのブログを見ている方もまた同じような試合風景に何か見たことあるような的な感じになられるかと思います。


吉田(白)−十文字(青)



吉田(白)−十文字(青)



吉田(白)−十文字(青)

吉田ミニバスのみなさん対戦ありがとうございました。
吉田ミニバスと十文字が共に今日の午前中の試合で勝ち上がりますと決勝リーグでまた再戦することに・・・・
戦国時代の武田と上杉の川中島の合戦のように何度となく対決となり、後々今シーズンを振り返ると好敵手、吉田ミニバスとの戦いが思い出深くなるのでしょうね。


勝ち上がった十文字ミニバスの次の対戦相手は、去年、雌雄を競い合った横手北ハピネスさんとの対戦でした。
横手北ハピネスさんとは今シーズン初対戦となります。


十文字(白)−横手北(青)



十文字(白)−横手北(青)



十文字(白)−横手北(青)



十文字(白)−横手北(青)

横手北ハピネスのみなさん対戦ありがとうごさいました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。