☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

魁杯争奪秋田県ミニバスケットボール交歓大会 報告③

おつかれさまです。佐藤(弘)です。
≪THE FIVE≫2015 小学生5on5秋田大会無事に終了いたしました。
十文字ミニバス6年生で編成したJ´S<ジェイズ>が見事優勝!!
記念盾や副賞で選手1人1人に贈られた高級牛ブランド三梨牛のカルビ入りの焼肉セットをゲットいたしました。
他にも選手達はベスト5賞で箱入りのハム詰め合わせセットをもらったり、抽選会で何かと賞品が当たり、とどめはうちのコーチもラーメン詰め合わせセットをプレゼントされて大喜びの大会となりました。

≪THE FIVE≫の大会の様子は全県大会報告編を掲載し終えましたらブログに載せたいと思います。
今週末十文字ミニバスでは全県大会の祝勝会を予定していますが、華を添える形になって良かったです。

今回の大会優勝で今シーズンの大会での優勝は8度目
フレッシュさくら杯
JA−SS杯
川連カップ
沼の柵カップ
増田ジュニアカップ
白鳥カップ
横手市秋季大会
≪THE FIVE≫


大会準優勝は7度
横手市新人大会
吉田招待
雄和レベルアップ交流会
さくらんぼカップ
横手市夏季大会
全県夏季大会
魁杯全県ミニバスケットボール交歓大会


大会に出場して決勝に進めなかったのが2度
東北電力旗ミニバスケットボール大会(東北大会)3位
大潟カップ3位


出場した大会すべてで3位以上の好成績を残すことができまして2014シーズンの十文字ミニバスの団員のみなさんは本当頑張ってくれました。
あとは2014シーズン最後の大会となる東北大会で全勝して笑顔で6年生団員が卒団してくれたら何もいうことはありません。

5年生以下の団員も地区新人大会まであと2ヶ月と迫りました。
2015シーズンも頑張るぞー!!

話は全県ミニバスケットボール交歓大会第2日目の朝から・・・
午前6時30分に起床した団員達はユースパル館内の体育館で軽めの運動


マネージャーやお母さん達が目を光らせる中、午後からの大一番の試合のための運動エネルギーをしっかりと蓄えるようガッツリと朝食を食べておりました。


参考までに・・・今回は大会前日から大会最終日に十文字に戻るまで指導者さん・団員・父兄の3つに分けてタイムスケジュールをこんな風に作成してチームがスムーズに動けるようにしておりました。

朝食終了後、身支度を整えてユースパルをチェックアウト。
市立体育館から車で15分ほどの距離にある小学校の体育館を貸していただき、午前中は試合前の練習を行いました。


体育館の雰囲気が十文字第一小学校と似ているせいか、とてもリラックスして練習することができました。
暖房も入れていただき、快適な環境での練習に大変感謝感謝でした。


体育館を使わせてもらったせめてものお礼に、ここの小学校のチームの団員達も一緒に合同練習。暖かくなったら練習試合を企画しますのでまたお会いしましょう。

今回、正月明け早々の時期に大会初日、2日目と別々の体育館ながら、試合前の練習場所を確保できたのはラッキーでした。

夏はともかく、外でのアップ練習もできない冬の全県大会で遠方から出場のチームにとって秋田市内のチームや秋田市近郊のチームよりハンデになるのがこの部分と市立体育館の雰囲気に慣れているかどうかの部分でして、ホテルからチェックアウト後にすぐ試合となりますといつもの調子や体調に体を戻したり慣らすことができずにせっかくの全県大会でいいパフォーマンスができずに会場の雰囲気や移動やあわただしいアップにあたふたして気づけば試合が終わっているなんて話はよく聞きます。
そういったことを気にしないチームや指導者さん・選手もいますが、練習場所を確保できるにこしたことはなく、全県大会に出場していない秋田市内のチームの練習場所となっているいくつかの小学校の体育館は、遠方から出場のチームの練習場所として確保されているようでした。

大会2日目の十文字ミニバスも宿舎をチェックアウト後の午後9時から試合開始の午後2時55分の約6時間、チームをどこにどうさせればいいかが課題でした。チェックアウト後、6時間の間、試合もなく市立体育館内にいるのだけは避けたいところでして、そういった意味でも練習会場として、昼食を食べる場所としても体育館を確保できたのは勝ち上がるためにどうすべきかを考えた上でとても重要で大きかったです。


練習の合間、県内で有名な卵の専門店が近くにあるとの耳寄りな情報をいただき、ふらっと散策へ。比内地鶏の卵やゆで卵、燻製卵やらを購入して家族へのお土産に。卵かけご飯美味しかったです。


午後1時頃にチーム本隊は市立体育館に到着。先発隊は座席確保に動いておりました。
チームは大会期間中、マイクロバスで移動していたのですが、できる限り混雑に巻き込まれないようにバスの駐車場を含めたチーム関係者の車両を駐車できるように父兄の方の取引先のご好意を受けまして市立体育館から徒歩数分程度の好立地に駐車場を確保してチームは動いておりました。


午後2時55分、市立体育館Dコートで3回戦。
対戦相手は夏の東北電力秋田県予選決勝で対戦し、十文字が負けた秋田市から出場の外旭川チームさん。
今シーズン4度目の対戦となります。


親の会副会長も連日の応援エールに声はガラッガラに。
実は今だから言えるのですが、元日に親の会会長がインフルエンザを発症(汗)
全県大会の事について会長が責任者となり取り仕切っていましたので、さーそれを聞いた親達はオロオロ。みなさん会長の様態も心配ながら、会長の娘に感染が拡大しないか心配なご様子。
結局心配しましたが、会長の娘を始め団員達にインフルエンザの発症者は出ず、ホッとするのでありました。
うちのチームは親の会副会長が3人体制でいるのですが、会長が大会に同行できないことを知ると本領発揮とばかりに3人ともフルに動いてくれまして、会長不在ながら親の会もうまく機能することができたようです。

会長はと言いますと・・・・大会最終日にお医者さんからのお許しが出まして応援に駆けつけました。それまで勝ち上がっていて良かったっすな(笑)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



夏の全県大会決勝戦同一カードということで観客席は満員状態。


外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川(白)−十文字(青)



外旭川チームのみなさん対戦ありがとうございました。
選手のみなさん中学校でも十文字の子達と良きライバルとなっていただき、好勝負をこれからも見せてほしいものです。
今シーズン幾度となく対戦した外旭川チームとの話は尽きませんが、チームの方々とまた何かの機会でお会いできたときにお話ができたらなと思います。
両チームの選手達は今後も切磋琢磨し続けると思いますので、これからもよろしくお願いします。


応援に駆けつけてくれたみなさんありがとうございました。

大会2日目の3回戦を終えて、十文字ミニバスはこの日の宿泊場となる秋田市内のこまち健康ランドにチェックイン。
館内には複数の他のミニバスチームの方々も同宿しており、全県大会の関係者で賑やかでした。


選手達とお母さん達は宿舎で夕食、お父さん達はこまち健康ランドの向かいにあるラーメン屋さんで夕食。今回は定番の味噌あんかけちゃんぽんをいただきました。


団員達は手足を伸ばして大の字になって布団で寝れるファミリールームに宿泊。
大会最終日を前に、疲労がたまっている時に硬苦しいベットではなくごろごろ寝返りを打ちやすく自身の体が求める一番寝心地のいい体勢で寝ることのできる布団で、しかもゆっくりくつろげる大浴場のある健康ランドでの宿泊も正解でした。


団員達が寝静まり、お父さん達は十文字から駆けつけてくれた奇遇にも同宿となった応援の方々に労をねぎらってもらいながら館内で大会最終日への景気づけの一杯。最終日まで残れましたのでこの日もまた、楽しい夜となりました。

それでは次は大会最終日の報告を。