☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

東北電力旗第27回東北ミニバスケットボール大会 その①

おつかれさまです。佐藤(弘)です。
一昨日の夕方、東北大会から戻ってきましたが、2日間テンション上がりっぱなしだったため精神的にどっと疲れがきまして、昨日も朝からゴロ寝で過ごし、ブログを更新しなければと思いつつもPCの前に座るも睡魔が襲ってくるため、帰省で十文字に戻ってきてきている友人達のせっかくの飲みの誘いも断り寝続けておりまして、ようやく今朝になっての更新です。

8月12・13日の両日、十文字ミニバスは宮城県利府町セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)で行われた東北電力旗第27回東北ミニバスケットボール大会に秋田県代表として出場しました。

大会前日の11日の朝8時に団員達は一小体育館に集合し、宮城へと出発いたしました。





昼前に会場に到着。 会場の下見と軽い練習をすることに。





会場は圧巻の広さ。
出場チームに割り振られた控え所代わりの席が会場の上のほうになっていた場合は階段の上り下りがとにかくシンドイかも。
会場は冷房が効いていて快適に場内にいることができます。
喫煙所は外なので喫煙する方には行ったり来たりが大変です。
東北大会の会場の様子をネットで知ることは無かったかと思うんで、うちのブログが来年以降に出場する宮城県以外のチームの参考に少しでもお役立ちになれば・・・



1チーム30分の練習時間が設定されており、大会前の会場での練習はその時間のみでした。



ということで十文字ミニバスは以前から交流のある宮城の汐見ミニバスさんにお世話になり、会場から車で20分程度の汐見ミニバスさんの地元七ヶ浜町に宿泊を確保してもらい、そこから程近い七ヶ浜町の松ケ浜小学校体育館を大会前日から使わせていただき調整、ある意味ベースキャンプとなりました。



震災前に建てられたという体育館はまだ新しさもあり使い心地バツグンでした。少し高台にあるこの小学校体育館も震災直後は津波で家が被災してしまった周辺地域の住民の方々の避難場所として数ヶ月使用されていたとのこと。




前日練習を終えて宿舎にチェックイン。
今回、七ヶ浜町の旅館麻屋さんに2泊しました。
手入れの行き届いたいいお庭があり、館内のいたるところに骨董品が飾られておりまして、玄関では甲冑がお出迎えしてくれます。
館内にコインランドリーが6台もありまして洗濯をしにコインランドリーを探す手間が省け使い勝手のいい旅館だったようです。


夕食後、体育館に行き軽くシューティングとミーティング。
岩手や宮城で活動していてbjリーグのハーフタイム等ですごいハンドリングでボールを操るさくさくもりもりショータイムを披露しているパフォーマーさくさくもりもりのもりもりさんが夜練習の時に激励に来てくれまして、団員達の前でもりもりショータイムを披露してみんなを楽しませてくれました。

さくさくもりもりショータイムはYoutubeで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=zJkASwNpiVE


もりもりさんありがとうございました。

旅館に帰ってお風呂に入り、この日は就寝となり、東北大会での十文字ミニバス1日目が終わりました。