☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

フレンズサマーキャンプに参加しました その②

おはようございます。佐藤(弘)です。
宮城県利府町セキスイハイムアリーナ(グランディ21)で行われる第27回東北電力旗 東北ミニバスケットボール大会まであと今日も含めて5日となりました。心配していた台風も移動日には東北地方を通り過ぎて北方へ進んでいるような予報がでておりましたので安心しました。
今週末は通常練習をして月曜の朝に出発となります。


※うちのチームの父兄さんに業務連絡!!
小学校に飾ってある東北大会の代表旗を忘れずに学校から持ってきたか確認を。


あと数日、病気やケガで大会に出られなくなったなんてことのないように団員、家族ともども注意しましょう。東北大会だからといって特別なことはせず普段通りの生活リズムで。けっして無理せず気負わず、休むところは休むで来週を迎えましょう。

さてフレンズサマーキャンプ2日目です。
この日の私は増田体育館会場に参加している他のチームからの審判依頼を受けまして3試合の審判をこなし暑さでかなりヘトヘトに。3試合目にいたってはあまりの暑さに朝から何本も飲んでいるアクエリアス等のスポーツドリンクを体が受け付けなくなり、ヤクルトみたいな甘ったるい飲料やコーラが無性に飲みたくなる始末で審判していてこんな状態になったのは初めて。
人間暑すぎる環境になるととてつもなく甘いものが飲みたくなるようです。
ハーフタイムにかき氷を食べさせてくれーとなったのも初めてです(笑)
3会場あわせて数十人の審判さん達も似たような状況だったかもしれませんね。みなさんおつかれさまでした。
話はズレましたが、私が審判をしている隣のコートで十文字ミニバスは3試合をこなしており、見れなかったのは残念でしたが、今回のサマーキャンプでは前半部分のチームの底上げを計る目的でゲームに挑んだようでいつも6分しかゲーム参加していない選手もいつも以上の出場時間で、しかもキツイ相手とのゲームはレベルアップにつながったのではと思います。

十文字の1試合目は大仙市の豊川ミラーズさんでした。
豊川ミラーズさんとは今年何度も対戦していますが、とにかくみんな動きまわっている印象のある運動量の多いチームですから選手全員が集中してゲームをしないとあっという間に得点を積み重ねられて、試合後半は自分達が大変な状況に追い込まれる経験をさせてもらっています。


十文字(白)−豊川(青)


十文字−豊川


十文字−豊川


十文字−豊川


十文字−豊川


十文字−豊川


十文字−豊川

豊川ミラーズのみなさん対戦していただきありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

2試合目は秋田市の泉ミニバスさんとの対戦でした。
泉ミニバスさんとは今年2回目の対戦となります。


泉(白)−十文字(青)


泉−十文字


泉−十文字


泉−十文字

泉ミニバスのみなさん対戦していただきありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。


3試合目は西馬音内チームさんとの対戦でした。
西馬音内チームさんとは今シーズン3度目の対戦となります。
が、困ったことにチーム関係者にこの試合の撮影を頼んでいたのに撮影してくれてなくて試合の様子を掲載することができず・・・西馬音内チームのみなさんスイマセン。

10月に練習試合をする予定を組みましたのでその時は必ず掲載します(汗)
西馬音内チームさんは主力選手に故障者も出ていたようですのでチームがベストな状態で十文字と練習ゲームができることを楽しみにしております。

− 御 礼 −
十文字ミニバスの東北大会出場にあたり、
地元の企業・団体様、
横手市内外のミニバスチーム様、
十文字ミニバスとご縁のある皆様方、
団員のご家族・親族様
から多大なご寄付やご厚志をいただいておりまして誠に感謝し厚く御礼申し上げます。