☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

全県夏季大会 決勝 外旭川戦

おはようございます。佐藤(弘)です。
東北大会出場が決まり、その日のうちから検討したり準備や取り掛からなければいけない事が私としてもチームとしてもそして親の会としても満載で焦る毎日が続きそうです。
東北大会に出場したことがないうちのチームに嬉しいことにあちこちのチームの方からアドバイスが寄せられて準備や大会期間中の行動への参考になっております。
そして一番心強いのは、以前からうちのチームと交流のあるミニバスチームさんが大会会場に程近いところに宿泊場所を手配してくれたり、大会期間中に十文字の都合のいい時間帯に合わせて練習できる体育館を用意してくれたりと面倒をみてくれてまして、ある意味東北大会でのベースキャンプも確保できました。
アウェーな他県の大会への出場なのにホームのような滞在環境で大会に臨むことができるとは思いもしなかったので長年の付き合いがいいところで好影響をもたらしてくれました。

さていよいよ決勝戦
決勝の相手は横手kitaハピネスとの接戦を制して勝ち上がってきた秋田市予選の優勝チームの外旭川チームさんでした。
外旭川チームさんとは今年2度目の対戦で、5月に行われたJA-SS杯以来の対戦となりました。


うちのチームもそこそこ大きい選手はいますが、外旭川チームさんは160cm前後の選手が居並ぶ県内屈指の大型チーム。十文字がその外旭川の高さにいかに対抗し、外旭川が十文字のスピードをいかに押さえれるかが試合の見所であったかと思います。


試合前の円陣が決勝戦バージョン。みんなで歌って士気を高めてるのを見て応援席の父兄も目頭ウルウルでした。


勝戦。 十文字(白)−外旭川(青)


十文字−外旭川


十文字−外旭川


十文字−外旭川


十文字−外旭川


十文字−外旭川


横手kitaハピネスの子達も応援団と一緒に声援をおくったり、ベンチにいる十文字の選手を激励してくれてました。


十文字−外旭川


十文字−外旭川


ハーフタイム中、この試合でも一緒に応援してくれていた湯沢東の子達が立ち上がり、十文字の選手達の名前を呼んで必勝のエールをおくってくれるサプライズがあり、それを聞いた十文字のお母さん達は感動しちゃって涙でした。それを見ていて私ももらい泣きするところでした。湯沢東チームのみなさん2日間応援ありがとう。

勝戦での十文字の応援席にはこの他にも十文字と交流のあるチームの子達が駆けつけてくれて一緒に応援してくれてました。ベンチから見た十文字の応援席はアウェーのチームとは思えないほど沢山の人と青やピンクといった色とりどりのカラフルなTシャツの色で染まっていたそうです。応援ありがとうございました。

前半を終えて十文字 22−26 外旭川。4点差を追って後半戦へ。


十文字−外旭川


十文字−外旭川


十文字−外旭川


十文字−外旭川


十文字−外旭川

試合の最後のほうはデジカメ撮影どころではなく絶叫応援となってしまいました。後半に入ってから追いつき一時リードもしたあたりは十文字に流れがきたかな?と思ったものですがそこを凌いで最後はリードを広げた外旭川チームさんは強かった。この試合ではJA-SS杯での6点差での勝利をキッチリ返された形となりました。
十文字はベストなメンバーで挑んだものの一歩及ばす、試合終了後に十文字の応援席に挨拶に来た外旭川の選手達には心から十文字を相手に頑張ったと拍手をおくらせてもらいました。
外旭川チームのみなさん全県優勝おめでとうございます。
東北大会ではお互い他県の強豪に負けずに決勝戦まで勝ちあがり秋田勢同士で決勝戦をしてみたいものです。頑張りましょう!!

外旭川           十文字
     14 −  8
     12 − 14
      8 −  8
     10 −  8

外旭川 44 − 38 十文字 

閉会式


まず最初に優勝した外旭川チームに東北大会出場旗が手渡されました。


続いて十文字


全県優勝おめでとう


みんな期待に応えて頑張ってくれました。準優勝おめでとう。


横手kitaの子達も加わり全県大会出場記念撮影となりました。



帰りにみんなで記念撮影をすることに・・・


みなさん全県大会おつかれさまでした


帰りのサービスエリアでご褒美のババヘラアイス


十文字に凱旋し東北大会代表旗を持ってさっそく小学校の先生方に報告へ。
職員室で先生方が拍手で出迎えてくれました。


市立体育館まで応援に駆けつけてくれた先生方ありがとうございました。

今大会残念ながら準優勝でしたが、全県大会決勝戦まで進むことができ、東北大会に出場することが決まり、今まで頑張ってきたものが形となってあらわれてきました。
コートの中で頑張った選手達を始め、ベンチで声を出して仲間を激励し続けた団員達を褒めてあげたいと思います。

そして熱意とともに自分の時間を割いて一生懸命手をかけてチームを指導してくれている佐藤コーチ・小原コーチ・鈴木マネージャーには大変感謝です。
この大舞台まで団員達を連れてきてくれてありがとう。

十文字ミニバスの父兄の方々にもいつも子供達とともにチームをバックアップしていただき感謝です。これからもよろしく。

卒業した団員達・その父兄の方々、十文字ミニバスと交流のある県内外のミニバスチームのみなさん、そして地域の方々の暖かい応援とご支援ありがとうございました。
私としましてもこのブログを通じて交流が始まったり、練習試合や大会で知り合い仲良くなったみなさんにはいろいろな事で相談にのってもらったりアドバイスを頂いたりとお世話になりましたし、十文字を気にかけて応援に駆けつけてくれたチームのみなさんには感謝申し上げます。
県内外のミニバスチームの指導者さん父兄さん達と交流してきて本当よかったなぁと感じさせてもらえた全県大会でした。東北大会やこれから先々の大会でもいろいろとお世話になると思いますのでよろしくお願いします。

東北ミニバスケットボール大会でも頑張ります!!

まずは明日から県内外から29チームが集まり横手市内を中心に行われるフレンズサマーキャンプに十文字ミニバスは増田体育館会場のお手伝いをする共催チームとして参加します。気を緩めるのはここまで、ケガをしないよう心がけて全県大会でみられた修正が必要なところを改善したり、新しい試みを試す場でもあるのでしっかり頑張りましょう。

明日の夜の懇親会にも私は参加いたしますので、日頃なかなかお会いできないチームのみなさんとバスケ談義に華を咲かせたいものです。お会いしましたらよろしくお願いします。