☆ 十文字女子ミニバス 事務局日記☆ ~シーズン9~

秋田県横手市十文字町で活動している十文字女子ミニバスケットボールスポーツ少年団のブログ

『生まれた時からどんぶりめし』 by半田屋

おつかれさまです。事務局 佐藤(弘)です。
いよいよ今週末から東北電力旗横手地区予選が始まりますね。
試合形式での練習が主となってきますので、団員達も大会が近づいているのが実感できるのではないでしょうか?
日曜の練習後の監督からのお話にもあったようにそろそろ、食事面でも大会モードに切り替える頃かと思います。脂っこいものは多く取り過ぎずに、ご飯・パン類・麺類等の炭水化物を重点的に摂取させるようご家庭ではご配慮のほどよろしくお願いします。本日のタイトルになっていますが秋田市仁井田に行くと、女の子がどんぶりめしを頬張っている絵が描かれている半田屋の看板が目に入ります。毎日あれだけ食べようものなら疲れ知らずでどこまでも走っていれそうですよね・・・ どんぶりめしをかっ込めとは申しませんが、おかわりするぐらいは食べないと体が持ちません。
第4Q残り何分となった時に、選手の気力も重要ですが、そこで余力が残っているかどうかは練習でのスタミナ強化もさることながら、家庭で十分な炭水化物を摂取できていたか、睡眠を十分に取らせ体力の回復と温存に気をつけていたかもすごい重要な要素だと思います。
何かの本に載っていた情報で今年になってから知ったのですが、普通の小学生よりミニバス団員のカロリー消費は大きいため、食事量や食事のカロリーは30代後半〜40代の成人女性と同程度であることが望ましいと言うことでした。
あれだけ走っているのだからそれだけの食事カロリーも当然かもしれません。その辺の事も考慮しながら各家庭で団員達の食事を考えてあげてください。


本日の残り何日?ボードの担当は5年生団員の理紗と未結璃です。


本日の大きいボードのためになるお言葉はこちら
大会も近いですし、みんな集中して練習。集中して話を聞く。とっても大事。